熱割れ発生!~ガラス屋に交換してもらう前にできること~

原因不明のひび割れ 原因不明のひび割れ

ひび割れたガラスの応急処置と処分方法

ガラスはひび割れなどの破損があると、100%機能を果たしません。早めにガラス屋に交換してもらいましょう。ここでは、ひび割れたガラスの応急処置と処分方法を紹介します。作業を行なう際は、十分注意しましょう。

ガラス屋に聞く!熱割れしたガラスの危険性

熱割れでひびの入ったガラスはどうすれば良いですか?
ひびが入ることでガラスは更に脆くなっています。「小さなひびだから」と触って、いきなり割れてしまうこともあります。大怪我につながる危険性があるので、ガムテープやダンボールを使って風除けと表面の保護を行ないましょう。窓ガラスなどが完全に割れてしまった場合は、ダンボールやブルーシートで現場を囲います。可能な限り近付かない方が、安全であることに変わりはありません。応急処置の後は、ガラス交換とガラス処分をガラス屋に相談した方が良いです。

ガラス処分の手順~熱割れが原因で割れた場合~

怪我をしないように準備する

作業の際は、決して素手や素足で行なってはいけません。軍手やスリッパ、運動靴などを装着したり、露出の少ない服装に着替えたりして行ないましょう。子どもやペットが近くにいれば、避難させます。

ガラスの破片を集める

まず、大きなガラスから拾い集めていきましょう。ガラスの破片は意外と遠くまで飛び散っています。小さな破片を集める際は、掃除機やホウキ、粘着テープなどを使うと良いです。

ダンボールにまとめる

集めた破片は新聞紙などで包み、ダンボールなどに入れます。新聞紙やダンボールには、「割れ物注意」「割れガラス」などと書いておきましょう。ガラスが割れた部分は新聞紙やダンボール、ビニールシートなどで保護しておきます。

1番大事なことはガラス屋への連絡

ガラスが熱割れなどを起こした際は、早めにガラス屋に連絡して新しいガラスに交換しましょう。ガラス屋ではガラス交換だけでなく、ガラスの処分も行なってくれます。

TOPボタン