ガラス屋を利用する以外に熱割れを防ぐ方法

原因不明のひび割れ 原因不明のひび割れ

熱割れはガラスにフィルムを貼るだけで予防できる

熱割れは自然現象なので、いつ起こるか分かりません。ガラス屋にガラス交換をお願いする前に、自分でできる対策があります。熱割れの起こりやすい地域や季節には有効な手段です。熱割れのリスクを少しでも減らしましょう。

熱割れに有効な対策

熱割れに強いガラスってないんですか?
ガラス屋に依頼すると、「耐熱強化ガラス」に交換することも可能です。耐熱強化ガラスは、鉄線が入っていないにも関わらず防火性能を満たすガラスです。鉄線が入っていないので、スッキリとした見た目になっています。高耐久ガラスであるため、熱割れもほとんど起こりません。通常の網入りの防火ガラスに比べてコスト面では割高になっていますが、熱割れを起こしやすい環境であれば耐熱強化ガラスを選んだ方が安心です。
安く熱割れを予防する方法ってないんですか?
耐熱強化ガラスに交換できない人は、ガラス屋に依頼してガラス交換後にフィルムを貼りましょう。フィルムには色々なタイプがあるので、ガラス屋に相談しましょう。黒っぽいフィルムは光と熱を吸収するため、熱割れが起こりやすいです。金属層を持ったミラ状のフィルムは太陽光を反射するので、熱がこもりにくく熱割れ対策には打って付けと言えます。また、透明フィルムも熱を吸収しにくいです。フィルム選びやフィルム貼りに自信がないという人は、ガラス屋に相談をして決めたほうが良いでしょう。

フィルムで熱割れを防げるか、「熱割れ計算」を行なう!

ガラス

ガラスやフィルムの種類、日照時間や方角、設備や環境などによって、熱割れの起こりやすさは変わります。これらの条件を計算することで、熱割れのリスクを数値化できるのです。ガラス屋に依頼すると、熱割れ計算をしてくれます。事前にリスクを把握することで、適切なフィルムを貼ったり熱割れしにくいガラスに交換したりするなどの対策ができます。分からないことがあれば、積極的にガラス屋に聞いてみましょう。有効な解決策を教えてくれます。

TOPボタン